日本では整形外科か皮膚科だけども・・・

HOME > 魚の目ってどうやってとるの?

魚の目ってどうやってとるの?

足の裏に魚の目のようなかた~い角質ができてしまったことってありませんか?

あれ、自力で削って一旦キレイにしても、しばらくするとまた復活してしまうんだよね(-_-;)

あの取り方をご存知でしょうか?

一般的には皮膚科や整形外科に行くのも良いみたいですが・・・・

中国では足つぼマッサージのお店で角質とりをやると一緒にとってくれるみたいです。

足に合わなかったりすると余計な摩擦がかかってできてしまうという魚の目。

中国ではどうも鶏の目というようです。

・・・・魚じゃないんだ??

それはそうと、中国の角質とりはかなりなれたもんで手早くやってくれるらしい。

日本だと整形外科や皮膚科って医療機関で処方するレベルなのにね(~_~;)!

魚の目って血が溜まってるために痛くなるんだそうです。

だから魚の目除去はその血を出して、ある意味足のデトックスをすることにつながるワケです。

足って人間の人体に影響するつぼがたくさん集約されています。

だから決してないがしろにしてはダメだし、魚の目もそのまま放置してはダメ。

足の状態改善は運気向上にも繋がりますので、なんだか最近ツイてない・・・なんて時はフットケアしてみるとイイかもヽ(^o^)丿

PAGE TOP