ものすごく辛かったこと笑える時期に

HOME > 苦労が話の種として話せる

苦労が話の種として話せる

あの時は陰でいろいろと勉強したり仕事の場で踏ん張ってきたことも、ものすごく辛かったとか、そういった物事が具体的に奏功して結果的に良くなっていくこともたくさんあります。

このようなときは仕事と私生活を切り離し過ぎないのも大切です。

仕事場の人たちに自分がどんな人間なのか、さまざまな角度から知ってもらうといいのかもしれません。

もちろん、思いがけないところから一時的な大金が舞い込んでくることもあり得ます。

いわゆる臨時収入とか、想定外の報酬であったりとか・・・でも、そのようなお金は将来の自分に対して、再度投資していくのがいいですね。

そして、自分の仕事の単価をあげて、自己評価を思いっきり向上させていくことも不可欠になってくると思います。

PAGE TOP